神前式や挙式の費用について知りたい!ブライダルアドバイザー

神前式

あらゆる式が誕生している

ブライダルフェアを活用しよう

三管演奏

結婚式場を探すときに一番重要なことですが、必ず実際の結婚式場へ行ってみることが必要です。どんなにインターネットや雑誌でその会場を見ていたとしてもすべてが分かるわけではありません。また、自分が描いていた理想と違っていたり何か一つ腑に落ちない点が出てきたりということがあるかもしれません。料理などがどのようなものかを知るという意味でも必ずブライダルフェアに参加しましょう。そして疑問に感じたことや聞きたいことはきちんとその場で聞いて解決するようにしましょう。そうすることでその会場の良さや自分の希望などをしっかりと認識することが出来るようになります。自分の理想が分かるようになればこれから先に探すときのポイントも分かるようになります。

最近の傾向としてあるのは何

最近ではブライダルフェアの際に見積書を出してくれたり仮予約をしてくれたりします。そうして別会場と比較して自分が一番気に入った会場で式を挙げることが出来ます。また早く予約すれば希望の日時を抑えることもできますし、会場によっては教会を複数持っている所もありますから自分たちが好きなところで結婚式を挙げることも不可能ではありません。もしこれから結婚式場を探すのであればこれらのシステムを駆使して回ってみてください。意外にも効率よくしかも便利に結婚式場を押さえることが出来るかもしれません。自分たちの希望の会場を探し出すためにもメモに書くなど細かい作業をしてみてください。そうすることによって理想の形を現実のものにすることが出来るようになります。

最近注目を集めている

挙式や結婚式が洋風化してきている現代ですが、近年若者を中心として人気が出てきているのが神前式です。この方法は日本古来から行なわれてきた式で、神社で行なう挙式となっています。最近ではチャペルで挙式をするのが一般化していますが、日本女性の魅力を引き立てる和装のスタイルの方が神聖な雰囲気になるとして注目されているのです。神前式の場合、チャペルやホテルで行なう式に比べると衣装代は少し費用が高くなりますが、披露宴などをしない場合であればトータル費用を抑えることができるのです。神前式で女性が着用する衣装としては、白無垢と色打掛が代表的で、両方使用する場合は25万円から40万円程度の費用は最低でも必要になってくると言われています。白無垢の場合、純白のウエディングドレス同様に汚れの無い花嫁として、美しさを引き立ててくれます。日本古来のスタイルということもあり、日本人であればどの女性でも似合うのも魅力です。色打掛は、白無垢の上から着るもので、披露宴をする場合に使用されるケースがほとんどです。色打掛は白無垢よりも少し費用がかかってしまうので、コストを抑えたいというカップルは白無垢だけを着用して挙式のみをする場合が多くあります。国内でも全国的に知名度の高い神社になると、毎日のようにあらゆるカップルが神前式を挙げていると言われています。人気の神社で式を挙げるのであれば、できるだけ早い段階から予約をしておくことも大切です。

資金計画を立てることが大切

結婚式は人生で1度のものであり、加えて多額の費用が必要になる盛大なイベントです。挙式だけするにしても披露宴まで行なうにしても、2人でどの位の費用を捻出できるか考えてから行なうのが良いでしょう。最近では洋風のスタイルが人気となっており、ホテルやチャペル、専用の結婚式上を利用してドレスから会場まで一括で依頼するケースがほとんどです。選ぶドレスや招待人数によって費用もかなり違ってくるので、できるだけコストを抑えたいというのであれば、シンプルな式にするのが良いでしょう。神前式をするにしても挙式のみにする、ホテルを利用する場合は時間帯や日にちも安いシーズンを選ぶ等の工夫が必要です。しかし、挙式や披露宴をするとなると、安くても数十万円はかかってし合います。数万円で結婚式をしたいというのであれば、写真だけをするのも1つの方法です。花嫁としてウエディングドレスを着用するのは夢の1つでもあります。費用は抑えたいけど綺麗なドレスを着用して綺麗な写真だけは残したいと願う女性の夢を叶えられる方法と言えるでしょう。フォトウエディングの場合、和装とドレスの両方で撮影することができるうえ、あらゆるシチュエーションで撮ることもできるのです。フォトウエディングでは、着付けやメイク、ヘアセットなども全て込みの料金となっているうえ、安いところであれば5万円以内で全て済ませることも可能です。2人の想い出の場所や遠方で撮影をする場合、移動代が追加されることも多いので注意が必要です。どのスタイルで式をするにしても、まずは2人で資金計画を立てておくことが大切です。盛大な式にしたいのであれば、式の1、2年前から結婚式貯金をしておくのが良いでしょう。貯金がたまらなかった場合も、最近では分割支払いができる結婚式場も増えてきているので数ヶ月かけて返済することも可能です。

コストを抑える

神前式

結婚式の挙げ方もカップルによって違い、昔に比べて式のサービスも細かく選べるようになりました。式を挙げる時にできるだけ費用を抑えたいのであれば、式場ごとに違うドレスやギフトに関するサービスはチェックしておくと良いでしょう。

もっと知ろう

日本古来の式

日本において、結婚式と云えば古来から神前式は定番でした。 神前式は、洋風のものに比べ、挙式披露宴にかかる金額が100万前後と割安で、そのおごそかな雰囲気に惹かれるカップルが多い傾向にあります。

もっと知ろう

神前式の流れ

神前式は結婚式の形式の一種です。この形式は明治時代以降に広がった結婚式のスタイルで、神社で行うことが基本です。現在は神社以外でもホテル等で対応を行ってくれることがあります。

もっと知ろう