神前式や挙式の費用について知りたい!ブライダルアドバイザー

神前式

神前式の流れ

神前式

神前式とは結婚式の形式の一種です。現在の日本における結婚式の形式には、様々な種類があります。有名な形式としては、キリスト教式や神前式、人前式等があります。キリスト教式はキリスト教の教えに則って行なわれる結婚式で、人前式は宗教は関係なく、参列した人達に対して結婚を誓うというスタイルの結婚式になります。 こうした結婚式の中でも、日本らしい結婚式の形式が神前式になります。これは日本独自の宗教である神道の影響を受けた結婚式になります。この形式が普及するきっかけになったのが、明治時代の事です。後に大正天皇となる当時の皇太子が、この形式で結婚式を行なったのです。それによって、国民の間でも同じ形式で結婚式を挙げたいという希望が増えて、現在のように定着しています。

神前式の結婚式を行なう会場についてですが、この形式は神道の影響を受けているので、神社で行なうのが基本となっています。ただ、現在では神社以外にも、ホテル等で対応してくれるケースもあります。 当日の具体的な流れは、まずは巫女の先導で新郎・新婦を先頭にして入場が行なわれます。新郎・新婦の後には媒酌人、新郎の親、新婦の親等といった順番で入場をする場合が多いです。 入場が済んだら、斎主によるお祓い等が行なわれて、三々九度の盃を交わします。その後で新郎・新婦が神前で誓いの言葉を読み上げ、玉串を捧げるといった流れで進んでいきます。最後に斎主が神様に無事に式が済んだ事を報告して、新郎・新婦にお祝いの挨拶をして終了となります。ただ細かな流れは、神社等によって多少の違いがあります。